考える人・ルソー 無料 見れる 電子書籍 ブックライブ


BookLive「ブックライブ」の考える人・ルソー無料試し読み


ルソーのすべての著書や書簡から、ルソーの正体を描き出す、興味ぶかい文を集めて、解説し、ルソーの本質を探り出した本です。著者のファゲは、道徳、政治、教育、の諸問題について、ルソーと対等に、自由に語り合った結果を、鋭い寸評として、随所にちりばめています。たとえば、「愛や友情は、幻想に過ぎない。しかし、その幻想に抱かれる心ほど、生気ある実在は、ない」、「人が三人いるとして、二人が合意すれば、三人目の意見は無視してもよい、という、多数決の論理に、ルソーも、だまされている」、「ルソーは、フェミニストとなるには、女を愛しすぎた」、「民主主義は、人を、画一化している」、などなど。ルソーは、一般の読者が送ってきた身の上相談の手紙に、親身に答えました。その返信のコピーの中の七通が、この本で、初めて、紹介されています。返信の宛先は、自殺志願の青年、再婚をためらう若い未亡人、などなど。ルソーは、彼らの、家族や友人になった気持ちで、語りかけています。(「道徳」の項)  国家の治安と国民の幸福増進のために、ルソーは、市民宗教を提案しました。その名残が、いまも、各国の国歌、元首の演説、日本の憲法などに、跡を留めていて、国旗などの国の象徴とともに、国民の心の結集に、一役を買っています。(「政治」の項)  ルソー、いわく、「どんなに不可解と見える心も、角度を変えてみれば、かならず、そこから、有用な才能が引き出せる。そのことを無視して、ごく早い時期から画一的な知育を行うと、子供たちの魂の、偉大な面が光を失って、心の、生来の姿が隠れてしまう。その結果、少数の目標に、雑多な才能が殺到して、子供たちの固有の特色を消し合い、子供たちが独自に創造したものの、すべてが失われてしまう」。(「教育」の項)  ファゲは、この本を、ルソー生誕200年記念行事の一環として書きました。それから、さらに100年、人類は、さまざまの難題に、ぶつかって、迷路に入りそうになっては、正道に立ち帰るべく、悪戦苦闘中。そんな大衆の一人である訳者も、(訳註)、(付記)、(小論)などのかたちで、ルソーとファゲに向かって、現代人類の苦衷(くちゅう)を訴えています。
続きはコチラ



考える人・ルソー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

考える人・ルソー

詳細はコチラから



考える人・ルソー


>>>考える人・ルソーの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」考える人・ルソーの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する考える人・ルソーを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は考える人・ルソーを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して考える人・ルソーを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」考える人・ルソーの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「外出先でも漫画をエンジョイしたい」と言われる方に最適なのがBookLive「考える人・ルソー」だと言っていいでしょう。その日に読みたい本を携帯することも必要なくなりますし、荷物も重くなりません。
BookLive「考える人・ルソー」を広めるための戦略として、試し読みが可能というサービスは文句なしのアイデアだと考えます。いつ・どこでも物語の大筋を確かめられるので暇な時間を利用して漫画を選ぶことができます。
読みたい漫画はたくさんあるけど、購入しても収納できないという人が増えているようです。そんな理由から、置き場所を気に掛ける必要のないBookLive「考える人・ルソー」の利用者数が増加してきているのだそうです。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品となりますので、内容が微妙でもお金を返してもらうことはできません。よって楽しそうかを確かめるためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
無料漫画と言いますのは、本屋での立ち読みみたいなものだと考えることができます。面白いかどうかをある程度確認した上で買えますので、ユーザーも安心できます。


考える人・ルソーの詳細
         
作品名 考える人・ルソー
考える人・ルソージャンル 本・雑誌・コミック
考える人・ルソー詳細 考える人・ルソー(コチラクリック)
考える人・ルソー価格(税込) 540円
獲得Tポイント 考える人・ルソー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス