ビジネスモデルの正しい定義 無料 見れる 電子書籍 ブックライブ


BookLive「ブックライブ」のビジネスモデルの正しい定義無料試し読み


1990年代、世界はインターネットの登場に沸き立ち、新しいビジネスが生まれる「ニュー・エコノミー」の時代が始まると喧伝され、ビジネスモデルという言葉が一躍脚光を浴びた。しかしその後インターネット・バブルが崩壊したとともに、ビジネスモデルという言葉も終焉を迎えたかのようだった。そんなタイミングの2002年に発表された本稿は、ビジネスモデルが終焉したのではなく、この言葉の誤解と誤用に問題があったと指摘した。そしてビジネスモデルと戦略との違いを明確に定義したことで、本書は時代を超えて読み継がれている。ビジネスモデルが再び脚光を浴びる今日、12年前の論考から学ぶ意義は大きい。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年04月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。
続きはコチラ



ビジネスモデルの正しい定義無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

ビジネスモデルの正しい定義

詳細はコチラから



ビジネスモデルの正しい定義


>>>ビジネスモデルの正しい定義の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ビジネスモデルの正しい定義の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するビジネスモデルの正しい定義を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はビジネスモデルの正しい定義を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してビジネスモデルの正しい定義を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ビジネスモデルの正しい定義の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




いろんなサービスを押しのけながら、近年無料電子書籍という形態が浸透してきている理由としては、普通の本屋が減少傾向にあるということが想定されると聞いています。
無料コミックでしたら、購入しようか悩んでいる漫画のさわり部分をタダで試し読みするということが可能なわけです。買う前に中身をそれなりに確かめられるので、非常に喜ばれています。
「どのサイトで本を買うことにするか?」というのは、意外と重要なポイントだと言えます。購入代金とかシステム内容などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍に関しましては比較して決めないといけないのです。
気軽に無料漫画が読めるということで、ユーザー数が急増するのは当たり前のことです。本屋さんとは違って、他人の目を憚ることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍ならではのメリットだと言っても過言ではありません。
「電子書籍に抵抗感を持っている」という本好きな方も少なくありませんが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧すると、持ち運びの楽さや購入の手間なし感から繰り返し購入する人が多いようです。


ビジネスモデルの正しい定義の詳細
         
作品名 ビジネスモデルの正しい定義
ビジネスモデルの正しい定義ジャンル 本・雑誌・コミック
ビジネスモデルの正しい定義詳細 ビジネスモデルの正しい定義(コチラクリック)
ビジネスモデルの正しい定義価格(税込) 540円
獲得Tポイント ビジネスモデルの正しい定義(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス