リラの花と戦争 無料 見れる 電子書籍 ブックライブ


BookLive「ブックライブ」のリラの花と戦争無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。戸泉米子さんはロシア極東ウラジオストクにあった「浦潮(うらじお)本願寺」の最後の住職の妻で、生涯を日ロ親善に捧げ2009年に96歳で亡くなった。戦後帰国した後ウラジオストクを訪ね歩き本願寺の跡地を見つけた。この「リラの花と戦争」は戸泉さんの自伝。旧ソ連でのスターリン時代の恐怖の粛正や、敗戦直後の日本人捕虜の収容所生活など過酷な体験を生々しく描いた日本人によるスターリン粛正の見聞記は極めて珍しく、シベリア抑留兵士の日常も通訳としての客観的な目を通じて紹介されており、研究者からは貴重なドキュメンタリーとして評価されている。父と慕った伯母の夫のロシア人らが次々と無実の罪で犠牲になっていった現実も伝えている。「リラの花と戦争」は三部構成で、第一章は一九二一(大正十)年、九歳でウラジオストクに渡り、伯母の家で生活しながら大学を卒業。福井出身の西本願寺布教師、戸泉賢龍さんと結婚し、三七(昭和十二)年に強制帰国させられるまで。第二章は、翌三八年に軍属の夫とともに中国・旧満州に渡った後、敗戦を迎え、夫は行方不明になりながらも、子供六人を抱え収容所暮らしを強いられた記録。第三章は、再びウラジオストクの収容所に戻り、四六(昭和二十一)年に帰国するまでが描かれている。収容所では通訳として旧ソ連側と日本兵、日本人の橋渡しとなり、幼子二人を亡くしながらも水や食糧を求めて毎日、難しい交渉に明け暮れた毎日で、犯されて気が狂った日本人少女の悲しいエピソードや引き揚げ帰国を待ちわびる捕虜の様子、収容所内での軍隊的規律の不合理などが克明にしるされている。
続きはコチラ



リラの花と戦争無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

リラの花と戦争

詳細はコチラから



リラの花と戦争


>>>リラの花と戦争の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」リラの花と戦争の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するリラの花と戦争を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はリラの花と戦争を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してリラの花と戦争を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」リラの花と戦争の購入価格は税込で「977円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




購入後に「前評判よりも全く面白くない内容だった」となっても、一度読んだ漫画は返品が認められません。ところが電子書籍ならまず試し読みから入れるので、そうした失敗をなくせるのです。
BookLive「リラの花と戦争」のサイトそれぞれですが、1巻を丸ごと0円で試し読みできるというところも若干あります。1巻を読んでみて、「これは面白いと感じたら、続巻を買ってください」というサービスです。
「どのサイトで本を買うことにするか?」というのは、意外と大事なポイントになると考えます。料金やコンテンツなどに差異があるのですから、電子書籍に関してはあれこれ比較して判断しなければならないのです。
BookLive「リラの花と戦争」で漫画を購入すれば、家の中に本棚を置くのは不要になります。そして、最新の本が出るたびにお店に通う時間も節約できます。こうしたポイントから、利用する人が増えているというわけです。
BookLive「リラの花と戦争」を楽しむのであれば、スマホが重宝します。重たいパソコンなどは持ち運べないし、タブレットも電車の中などでの閲覧には、大きすぎて邪魔になると言えるのではないでしょうか。


リラの花と戦争の詳細
         
作品名 リラの花と戦争
リラの花と戦争ジャンル 本・雑誌・コミック
リラの花と戦争詳細 リラの花と戦争(コチラクリック)
リラの花と戦争価格(税込) 977円
獲得Tポイント リラの花と戦争(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス