この落書きにメールください 無料 見れる 電子書籍 ブックライブ


BookLive「ブックライブ」のこの落書きにメールください無料試し読み


誰ともしれぬ男に弄ばれたい願望を抱きつつも、怖くて行動に起こせない主婦の「あき」。ある日幼子を連れて行った公園で、偶然男子トイレの壁に落書きがあるのを発見する。あそこに電話番号を書いて男を誘う女性もいるんだ、と知って衝撃と羨望を覚える。電話番号は書けないが、メールアドレスなら……。そう思った「あき」は、こっそりそこに自分のメールアドレスを書き込んだ。
続きはコチラ



この落書きにメールください無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪

この落書きにメールください

詳細はコチラから



この落書きにメールください


>>>この落書きにメールくださいの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」この落書きにメールくださいの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するこの落書きにメールくださいを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はこの落書きにメールくださいを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してこの落書きにメールくださいを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」この落書きにメールくださいの購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「この落書きにメールください」が30代・40代に支持されているのは、若かりし日に何度も読んだ作品を、再び簡単に鑑賞できるからに違いありません。
人気のタイトルも無料コミックであれば試し読みができます。スマホやパソコン経由で読むことが可能なので、ヒミツにしておきたい・見られると気まずい漫画もこっそりと満喫できます。
「電車の乗車中に漫画を読むのは躊躇してしまう」と言われるような方でも、スマホに直で漫画を入れることができれば、人目を気に掛けることなど全く不要だと言えます。これこそがBookLive「この落書きにメールください」の長所です。
人気の無料コミックは、スマホさえあれば楽しめます。通勤途中、昼休み、クリニックなどでの順番が来るまでの時間など、いつでもどこでも手間なしで読むことが可能なのです。
マンガの売上は、年々下降線をたどっています。既存の販売戦略に見切りをつけて、まずは無料漫画などを市場投入することで、利用者の増加を目論んでいます。


この落書きにメールくださいの詳細
         
作品名 この落書きにメールください
この落書きにメールくださいジャンル 本・雑誌・コミック
この落書きにメールください詳細 この落書きにメールください(コチラクリック)
この落書きにメールください価格(税込) 216円
獲得Tポイント この落書きにメールください(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス